むずむず脚症候群は鉄分、ドーパミン不足が原因?

「むずむず脚症候群」という病名をご存知ですか。 「むずむず脚症候群」という病気に苦しむ人は、潜在患者を含めると何と数百万人もいるという説があるそうです。 思わず「本当ですか!」と叫びたくなる数値ですが、それに対して医療関係者を含めて世間の認知度があまりにも低く、その苦しみが理解されていない病気です。 このサイトでそのもろもろについて説明しますので参考にしてください。

むずむず脚症候群と鉄分、ドーパミン

潜在を含めて患者数は数百万人!

 

「厚生労働省 平成17年患者調査の概況」によれば、患者数の多い病気の第一位は、「高血圧性疾患」780万人、第二位「歯及び歯の支持組織の疾患」(いわゆる歯そのものと歯肉炎、歯槽膿漏などの歯周病系)566万人、第三位「糖尿病」246万人、第四位「悪性新生物」(悪性腫瘍、いわゆるガン系)142万人、第五位「脳血管疾患」136万人、第六位「白内障」128万人、第七位「喘息」109万人で、以下は100万人に満たない数値です。

 

むずむず脚症候群の潜在を含めた患者数が本当に「数百万人」であれば、とてつもなく深刻な国民病ということになりますし、流布されている数値がケタ違いで「数十万人」だったとしても「アトピー性皮膚炎」が38万人ですから、やはり深刻な病気です。

 

むずむず脚は数百万人

 

むずむず脚症候群の症状でお困りのあなたへ。
耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗