むずむず脚症候群は鉄分、ドーパミン不足が原因?

「むずむず脚症候群」という病名をご存知ですか。 「むずむず脚症候群」という病気に苦しむ人は、潜在患者を含めると何と数百万人もいるという説があるそうです。 思わず「本当ですか!」と叫びたくなる数値ですが、それに対して医療関係者を含めて世間の認知度があまりにも低く、その苦しみが理解されていない病気です。 このサイトでそのもろもろについて説明しますので参考にしてください。

むずむず脚症候群の治療方法は?

@ 生活習慣の改善
カフェインの過剰摂取は、眠りを浅くする可能性があるので避ける方が賢明です。また、飲酒はアルコールを分解する過程で喉が渇き神経を刺激して眠りが浅くなる原因になります。喫煙も神経を刺激しますからほどほどにしましょう。

 

また、ドーパミンを生成するためには原料のたんぱく質に含まれるアミノ酸が必須です。また、その生成過程でドーパミン生成に関係する鉄分も重要です。

 

しかし、過激なダイエットによりこれらの栄養素が十分に補われない状況になると栄養失調や鉄欠乏症貧血を引き起こすことも考えられます。そのような状態では、十分なドーパミンは生成されません。

投薬による治療

A 投薬による治療
ひとつは、ドーパミン不足を補うためにその直接の原料であるLドーパ(アミノ酸が変化したもの)製剤を投与する方法が取られていて大きな成果を上げています。また、鉄欠乏症貧血には鉄剤の投与が効果的と言われます。一方、不眠症に用いられる睡眠薬は、むずむず脚症候群の原因の解消にはならないので効果はあっても限定的です。

 

Lドーパ

Lドーパの薬が良く効きます。

二次的要因の排除

B 二次的要因の排除
ドーパミンの分泌を抑える薬の投与や他の病気などを原因としてむずむず脚症候群が発生している場合は、それに適切に対処しなければなりません。しかし、自己判断で薬を止めたり服用したりせずにお医者さんとよく相談する必要があります。

食事療法

C 食事療法
健康な生活を維持するためには好き嫌いなく様々な食品を摂取することが大切です。その中で特にドーパミンの原料になるアミノ酸チロシン、必須アミノ酸フェニルアラニンを含む食品を摂取することです。

 

それらは、肉類や魚類、大豆などの豆類に多く含まれます。また、鉄分を多く含む食品としては、ひじきと大豆、鶏や豚のレバーなどが良く知られています。さらに、アミノ酸から変化してドーパミンの直接の原料になるL ドーパやチロシン、フェニルアラニンを含みしかも鉄分もたくさんあるムクナ豆という珍しい豆もあります。

 

肉魚

バランスの良い食事を心がけましょう。

 

ムクナ豆

ムクナ豆がドーパミンのもとを多く含みます。

漢方系療法

D 漢方系療法
新陳代謝を促すことでムズムズ状態が改善されたという報告もあるので、整体、鍼灸、マッサージで神経や筋肉、リンパなど身体をほぐしたり漢方薬で体質を改善したりするのも一案です。

 

漢方療法漢方療法

東洋医学の知恵を生かして体質改善することも有効です。

むずむず脚症候群の症状でお困りのあなたへ。
耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗