むずむず脚症候群は鉄分、ドーパミン不足が原因?

「むずむず脚症候群」という病名をご存知ですか。 「むずむず脚症候群」という病気に苦しむ人は、潜在患者を含めると何と数百万人もいるという説があるそうです。 思わず「本当ですか!」と叫びたくなる数値ですが、それに対して医療関係者を含めて世間の認知度があまりにも低く、その苦しみが理解されていない病気です。 このサイトでそのもろもろについて説明しますので参考にしてください。

むずむず脚症候群はこんな病気です。

むずむず脚症候群は、夜になって床に入りウトウトし始めたところで「脚の中の方がムズムズし始めて落ち着いていられなくなり、安眠できずに朝を迎える。」という症状が典型例です。やっかいなことに、この症状は脚のみならず神経の通う場所なら肩や背中、脇腹、腕などどこにでも現れます。

 

しかもムズムズする場所は身体の内部なので、どうにも対処できずモジモジするしかないというものです。ムズムズが皮膚に現れるのであれば、ひっかいたりたたいたりして一時しのぎも出来ますが、身体の内部なのでどうにもならないのです。

 

よく聞く体験談として「脚の中に手を突っ込んで引っ掻き回したい!」などやひどい人だと「ナイフを突き立てれば楽になるかも知れない・・」と思ったというくらい不快な症状です。また、体を動かしていない静かにしている状態の時に現れやすく、仕事中のデスクワークや勉強中などに集中している時など場所も時間も特定できません。

 

ムズムズの気持ち悪さを表現すると「身体の中を虫が這っているような」「脚の中の一部が火照っているような」「とにかくじっとしていられない」「むずがゆいような」など様々です。しかし、不思議なことに身体を動かしている時には現れない病気です。

むずむず脚症候群の症状でお困りのあなたへ。
耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗