むずむず脚症候群は鉄分、ドーパミン不足が原因?

「むずむず脚症候群」という病名をご存知ですか。 「むずむず脚症候群」という病気に苦しむ人は、潜在患者を含めると何と数百万人もいるという説があるそうです。 思わず「本当ですか!」と叫びたくなる数値ですが、それに対して医療関係者を含めて世間の認知度があまりにも低く、その苦しみが理解されていない病気です。 このサイトでそのもろもろについて説明しますので参考にしてください。

むずむず脚症候群の原因は、鉄分とドーパミン不足です。

この病気の原因は、鉄分と神経伝達物質のドーパミン不足にあるという説が有力です。
ドーパミンは、脳と末端組織との情報のやり取りを司る役目がありますが、その量が減少することにより「感覚や運動」にかかわる情報が脳に十分に伝わらなくなるというものです。そのため「ムズムズ」「モジモジ」した違和感が出るのだと言われています。

 

鉄分は、ドーパミンの生成過程にかかわる物質です。ドーパミンの主原料はアミノ酸ですが、それがドーパミンになる生成過程では鉄分が必要になります。その鉄分が不足すると生成されるドーパミンが不足してムズムズの症状が出てくるという構図です。

 

また、むずむず脚症候群は二次的要因で症状が現れることがあります。そのひとつは、ドーパミンの分泌を抑える薬の投薬によるもので、ドーパミン阻害薬、抗ウツ薬、抗ヒスタミン薬などがそれに当たります。

 

それ以外には、鉄欠乏性貧血、糖尿病、妊娠、腎不全による透析などの病気や状態を起因とするものもあります。

 

ドーパミン

 

むずむず脚症候群の症状でお困りのあなたへ。
耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗